HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ペルー

Líneas de Nazca

この日は午前中にセスナ組が帰ってきて午後の3時過ぎより5人でTAXIをシェアしてミらミラドール(展望台)へ行き

ナスカの地上絵を見ることにした。

僕は前回ペルーに来た時に地上絵はセスナから見たので今回はミラドールから。

かなり接近して地上絵が見れるので楽しみでした。

IMG_3537.jpg
TAXIはパンアメリカン・ハイウェイをひたすら走るとおよそ15㌔の何にもない場所にミラドールが姿を現す。

IMG_3542.jpg
この辺りはすべて地上絵のポイント。

IMG_3579.jpg
上を見上げればセスナが旋回している。

このミラドール、ちゃんと金を取ってくる、しかしたったの2ソーレス(60円) (笑


土産屋が少しだがあった。
IMG_3575.jpg
IMG_3576.jpg
地上絵の石。


IMG_3548.jpg
階段を上りミラドールの頂上まで上がり景色を眺める。

IMG_3556.jpg
ミラドールの高さ20m、この上からは地上絵のが見れる。


IMG_3562.jpg
「手」

IMG_3555.jpg
「木」

でも実際に見てみてそこまで大きいとは感じられないかな、地上絵の上に立たないと大きさの実感は無いと思う。

ここに来て地上絵がどうやって描かれているのかがわかる。

ズームアップしてみるとこんな感じ。

IMG_3563.jpg
これは手の地上絵をアップしたもの。

IMG_3566.jpg
そしてこちらが木のアップしたもの。

このように地表の小石等を取り除き浅い溝ができ、これが地上絵を描いています。



このあとさらにTAXIで進んだところにあるマリア・ライヘ博物館へ行きました。
入場料5ソーレス(150円)
IMG_3587.jpg
マリア・ライへは先ほどのミラドールを建造した地上絵の研究家です。
館内は研究資料と研究室が再現されたものがありました。

IMG_3596.jpg
IMG_3605.jpg
IMG_3616.jpg
IMG_3604.jpg
IMG_3603.jpg
地上絵の解明や保存に大きく貢献したマリア・ライへの活動している様子の写真も見ることができる。

IMG_3593.jpg
外には地上絵でも見たのモデルとなっているHuaraugo(ワランゴ)と呼ばれる
木が見れます。


そして最後はミラドール・ナチュラルと呼ばれる丘へ行ってきました。
IMG_3642.jpg
IMG_3647.jpg
ここからは地上絵の複数の真っすぐな線を見ることができます。


IMG_3688.jpg
IMG_3662.jpg
IMG_3658.jpg
ここはさらに急接近で見ることができる。


IMG_3718.jpg
IMG_3720.jpg
夕日も綺麗でした。



IMG_3638.jpg
謎多し地上絵・・・




世界一周ランキング参加中です!!
ポチっとお願いしま~す。

1日1回のクリックどうぞ宜しくお願いします。
この↓↓ボタンをポチっと押してもらえるとランクが上がる仕組みになってます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
少しの間ですががんばります~!←まじで!!



↓↓こちらはFC2ブログのランキングです、こちらもよろしければポチっとお願いします。



free counters
  1. 無料アクセス解析



ブログ






旅ポケドットコム


この記事のトラックバックURL

http://nishiyan83.blog78.fc2.com/tb.php/247-89229805

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。