HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>海外

PERU情報

ペルー共和国は約2,615万人(2006年)。首都リマをはじめ海岸地方に全体の半数以上が集中する。

言語
(公用語) スペイン語、ケチュア語、アイマラ語。全体的にはスペイン語だが、山岳地域のインディヘナはインカ時代からのケチュア語、チチカカ湖周辺の住民はアイマラ語を話す。

気候は地域によってさまざまな地理的影響を受け、異なった気候となるが首都リマは乾燥地帯で雨はほとんど降らない。


通貨単位はソルSol(複数形の場合はソーレスSoles)  s/. 1 (約35円)


IMG_0882.jpg



リマの玄関口となるリマ国際空港。



IMG_0884.jpg




初めてこの空港に到着した時、人の多さにびっくりしました。
案内看板を持って待っている人、客引きで旅行者を待っている人、家族や親友の帰りを待っている人などなど・・・

とにかく空港出口でやたら人が待ち構えていてビックリ・・・


リマの空港からはタクシーやバスを使って市街まで行きます。

自分はバスの乗り方がわからなかった為、タクシーで市街まで行きました。

市街は主に2つに分かれます、旧市街のセントロ新市街のミラフローレス。

セントロの町並みは古く世界遺産でもあります。

今回、私が行ったにのは新市街ミラフローレス。



IMG_0723.jpg




高級住宅街が立ち並ぶお洒落なすばらしい町並みです。

リマの空港からだいだい1時間かからないくらいで到着します、タクシー料金は交渉式でだいたい
s/. 17~20 (約595~700円) 日本人だとわかるとすぐに奴らは値段をふっかけてきます!!

相場がわからなくて最初なんか2000円くらいで行った自分が情けなかったです・・・


首都の中心となる所だけに車と人が多く夜も賑わいが絶えません。


IMG_0741.jpg




乾燥地帯なので日本みたいジメッとしてなくカラッとした暑さで気持ちいいですよ!!
治安のほうも良いみたいで、観光ポリスと呼ばれる警察がいたるところを常時巡回しているので
安心して夜も歩く事ができました。


物価的にも日本の半分くらいで過ごせるのでそんなにお金に困る事もありません。

時間があればもっとゆっくりとミラフローレスを探検してみるのも面白そうです。



次回はミラフローレスのお店を紹介します。

この記事のトラックバックURL

http://nishiyan83.blog78.fc2.com/tb.php/112-9e5b6ea9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。