スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オアハカ

ついにやってきた!!グルメの街オアハカ!!

メキシコ料理を愛する人にとってかなり重要な街であり古き歴史のある先住民の街オアハカ。

港町のベラクルスよりバスに乗って5時間のところ道路が閉鎖されてたみたいで遠回りして9時間もかかりました。

おかげで夕方の4時到着予定だったのが夜の9時着に・・・

半日損した!!

ベラクルスからオアハカへ向かう途中のバスからの景色に感動というかビックリしました。
ひたすら峠を走る途中のこの景色。

なんとすべてサボテン!!

P_20180124_155340.jpg
手前のサボテンまでは写真でよく見えるけど、奥の奥までびっしりとサボテンが辺り一面に無数に生えていた。

P_20180124_153320.jpg
ぶったまげたぜこの景色。
メキシコの広大な土地とこのサボテンがメキシコを象徴するかのような景色が1時間以上ずーーっと続いてました。

そして夜に到着したオアハカ。

P_20180124_210952.jpg
オアハカのモニュメントもできて7年前とすっかり変わった街並みでした。

P_20180125_115339.jpg
しかしオアハカにきて少しまた肌寒く感じて(ベラクルスが暑いから)しまった。

到着した夜に食べに行ったレストランPitionaがかなりよくて感動!!

P_20180124_222934.jpg
Pitionaの伝統的デザート、ニトロガスを使ったArroz con lecheのチュロスもすごかった!!

P_20180125_150800.jpg
オアハカの中心部にある市場、懐かしい!!

P_20180125_151417.jpg
オアハカの唐辛子チレアグア。

P_20180125_154202.jpg
干し肉、タサホ、エンチラード、チョリソー

P_20180125_150548.jpg
食用バッタ。チャプリネス

P_20180125_154417.jpg
Tlayuda。

これからオアハカの食文化をおさらいしてきます。
スポンサーサイト

料理教室

P_20180127_103224.jpg
このめちゃくちゃ広い国立公園の中にサボテンの大群があり写真とるには最適スポット。

この公園の前で朝8時半にピックアップしてもらい向かったのは車で20分ほど走ったとなり街、Teotitlam del Valleへ!!

ここTeotitlam del Valleにオアハカを代表する料理人のレイナメンドーサの家があって彼女の料理教室に参加する為に来ました。

P_20180126_102446.jpg
家が広くて庭にキッチンがドーンと広がっておりここで料理教室を不定期で開催している。

P_20180126_091031.jpg
料理教室を開催するレイナメンドーサ氏、オアハカの伝統的な調理技術でいまなお古き食文化を現代へと伝えている重要な方。

とてもとても優しいお姉さんでした、会った瞬間感動しちゃいました。

P_20180126_102142.jpg
さあそして、料理教室のメンバーと先生と一緒に市場へ食材の買い出しをするところから始まります。
先生の家から5分くらいのところに市場がありそこで食材をすべて調達することができます。

P_20180126_092726.jpg
市場で食材を説明してくれながら買うので30分くらい市場で買い物をしました。

P_20180126_104641.jpg
家に戻りすべて食材がそろったとろこで本日の勉強する料理の説明と役割分担などをしてカットしたり皮をむいたりします。

P_20180126_111228.jpg
これはメキシコ料理ならではの唐辛子を素焼きしている光景。
唐辛子は焼くことにより香りが増し味に深みがでます。
この焼いているコマルと呼ばれるオアハカならではの石灰付の土の陶器が最高に良い!!

P_20180126_112141.jpg
素焼きした食材たちは一度油で炒めてから今度はすり潰す工程へ。

P_20180126_112609.jpg
そしてメタテという石のすり鉢で素焼きした食材をすりつぶす作業、現代にとらわれないオアハカ先住民の伝統技術。
通常はミキサーで一発ですけどね!笑

この料理はピピアンと言い、かぼちゃの種をベースにした緑の野菜のみを使用したメキシコを代表するソース。

P_20180126_112752.jpg
石の上に材料をの乗せゴリゴリと挽いていくのですが先生はめちゃくちゃ早いスピードで終わり
順番に生徒もやっていくことに。

P_20180126_114315.jpg
石を強く握りすぎると手に力が入り疲れてしまうので石は軽く添える程度であとは石の重さを利用して軽く押して引いての繰り返し。

P_20180126_125524.jpg
そしてメメリータスというオアハカの軽食作り。
トウモロコシの粉を型にして前のペースト、チョリソーが入ってます。

P_20180126_133306.jpg
これが完成したピピアン。緑の野菜のみを使ったソース。
唐辛子も入っているので少しピリ辛。

鶏肉と一緒にいただきます。

P_20180126_141700.jpg
帰る頃にちゃっかり本にサインも頂いちゃいました。

P_20180126_142057.jpg
最後に生徒と先生と写真撮影!!
いい思い出になりました。


特になし

P_20180203_094318.jpg
オアハカ原産のチョコレートを使用したチョコラテ。
表面の泡はチョコレートを混ぜるときに専用の棒を使ってクルクルと回転させながら泡立ててできたもの。
甘くてチョコの香りが強くて美味しい。

P_20180203_094442.jpg
メキシコはズッキーニの花をたくさん食べます。

P_20180203_095146.jpg
トルティージャにチーズと一緒に挟んだり食べ方は色々。
かなり美味しい!!

P_20180202_105107.jpg
6月の雨季になりと大量発生する羽根付きあり。Chicatana
これが高級な食材でメキシコの珍味。めちゃ高い!!今はシーズンじゃないので1kgで7000円くらいする。
食べてみると奥深い味わいです、これをソースにしたり料理の隠し味に使ったりします。

P_20180203_204606.jpg
働いてるレストランでも珍味はよく使います。
イモムシを乾燥させたもの、こいつはテキーラの原料になる植物の葉に寄生するイモムシで栄養価がかなり高くて貴重な食材。

P_20180202_215830.jpg
いまいるレストランでは何とわかめ、イクラを使用していました。
メキシコでも高級料理店は日本の食材に興味をもってるみたいですね。

P_20180201_202627.jpg
生魚をライムで漬け込むセビッチェなんですが、ここはココナッツを使ったセビッチェ!!

P_20180203_162425.jpg
まぁこんな感じで楽しくお勉強させてもらってます!!

良い人ばかりや~メキシコ!!


 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。