エチオピア

エチオピアに来て9日目、この国はほんと疲れる・・・

超スローインターネットにインド人なみのウザさ・・・(小学生レベル)
IMG_1013.jpg
エジプトのカイロからエチオピアの首都であるアジスアベバに朝の9時過ぎに到着して

乗り合いTAXIで市内に向っている途中にエチオピア人の時計を見たら奇妙なことに16時頃を示してい

た。
IMG_1054.jpg
この国には時間が2つ存在するのだエチオピア時間とヨーロッパ時間。

ヨーロッパ時間が太陽の位置を示す本当の時間でエチオピア時間はヨーロッパ時間より6時間進んだ時

間になる。

時間を聞いてもややこしいったらありゃしないこの国は・・・

時がすでに遅れてて現在の西暦は2009年でもエチオピアは7年遅れの現在2002年というありえない

国。

エチオピアの正月は9月11日で1ヶ月は30日までしかなくて、本来31日ある月の残りの5日はなんと1

2月の次の月つまり13月というのが存在するのだ。

絶対おかしい国やわー。

エチオピアって真夏のイメージがあるけど今は時期的に「大雨期」なので首都のアジスアベバはカミナリを

伴う大雨がいきなり降ってくるし

夜は日本の冬並の寒さでアフリカのイメージではちょっと違う、ほんと夜は寒い・・・

エチオピア航空からブランケットを拝借していて助かった。

しかし黒人だらけ、コーンローのヘアーがよく似合う、町の9割はコーンローかな。


IMG_1021.jpg
エチオピアとジャマイカは兄弟みたいな国!?アフリカのジャマイカがエチオピアと言われてて町はレゲエ

音楽にラスタカラーがよく目についてラスタ村まで存在するほどライオンの国、国旗もよく見るとラスタカラ

ーに以前の国旗の中央にはライオンが書いてあった。

IMG_1025.jpg
町にいたラスタマン

エチオピアは以前イタリアの植民地だったのでレストランにピザやパスタ屋がよく目に付くし町の名前もイ

タリア語の由来からきてるのがある。
IMG_1033.jpg
だからピザと、パスタは美味い!!けどエチオピア料理のインジェラという料理はくそまずかった。
IMG_1042.jpg
くっそまずいインジェラ!

対照的にくっそ美味いのと言えば・・・
IMG_1034.jpg
エチオピアコーヒーの美味さ世界一!!

マキアートは涙物の美味さ!!

これは是非とも日本に買って帰ります。

この国は現地価格と観光客価格とで値段を分けてくるところが腹が立つ。

だから物価が通常の2~3倍する場所もある。

エチオピア通貨は「ブル」、1ブルが約8円で俺の買った傘は40ブル=320円ですよ!日本のが安いし。

バスも長距離で少数民族の村がある南部のジンカという村まで行ったのですが所要日数2日。

道は舗装されてないので超荒れた路面をハードランニングでケツが痛いし砂ぼこりの舞が素晴らしく車内

に充満した。

バスは朝の5時前に門の前に待機して開いたと同時にみんなダッシュでバスに走り(荷物があるバックパ

ッカーは早く走れない)

席を取り合い喧嘩して1日1本程しかないバスと格闘しないといけない過酷な日々・・・

荷物も自分で積荷はできなく金が発生して自分で積荷はさせてくれない、金・金・金ばっか!

わざわざ少数民族を見るだけですんげー苦労したし帰りもこの道をまた通って帰るのかと思うと気が遠くな

ったね・・・

お目当ての民族を無事見れて今アジスアベバに無事帰ってくることができて本当よかった。

もう二度と行くことはないこの国、行けば経験値がかなり上がるという情報は本当でした。

早くエチオピアから出たい・・

明日エジプトに帰ります!

またエジプトより更新します。

ポストカードをエチオピアより送りましたのでお楽しみに!!

マラリアの薬は結局行く前から飲まないと意味無いらしく諦めたので、蚊対策は蚊取り線香&スプレーで

完璧に封じてまだ1匹も刺されていません。

(結構、蚊おる)

では!

※日本にいるしゅっぺー結婚おめでとう!幸せに!!


少数民族 in エチオピア

サラームアレイク!!

ただいま!!再びエジプトのカイロに戻ってきたで。

今回の旅の目的でもあったエチオピアの少数民族を見るという目的も無事果たす事ができ一段落と

いった感じ・・・

この民族を見るためにかなりの労力を費やした・・・

俺が見た民族は主に4部族でコンソ族、バンナ族、ツァマイ族、ムルシ族。

この中のバンナ、ツァマイ、ムルシを紹介したいと思う。

まずアジスアベバからバスで12時間走り、アルバミンチという所で1泊して翌朝早朝にアルバミンチを

出発してコンソという場所を経由してカイヤファールへ向った。所要時間6時間程・・・

このカイヤファールという村で木曜日にマーケットが開かれてそのマーケットに民族が

集結するというのだ。

おなじくカイヤファールの隣村のジンカも土曜日にマーケットが開かれるのでそのスケジュール

に合わせて移動したのだ。移動時間2時間程・・・

カイヤファールではバンナ族が住んでいてそのバンナ族の集落へお邪魔した。

なぜか集落へ行く途中何度も鳥肌が立ったのを今でも覚えている。

期待感・・・緊張感・・・恐怖感・・・何が原因だかわからず恐る恐る荒れた足元を歩いた。



そして・・・




IMG_1090.jpg
この光景に出会ってようやく自分がエチオピアという国にきたのだと実感した。

ここまで長かったなぁ~自分が日本にいるときにテレビのブラウン管越しに見ていた世界が今目の前

にあるという事・・・

IMG_1084.jpg
でました、オッパイ丸出し・・・汗

IMG_1210.jpg
翌日のマーケットにはたくさんの人が集まりにぎやかな1日だった。

バンナ族の特徴を少し紹介・・・

IMG_1232.jpg
バンナ族は青を基調とした装飾品を身につけている。

IMG_1225.jpg
女性も同じく青を基調とした装飾品を身につけるが首に注目!!

IMG_1226.jpg
木製の輪と金属の輪を首に身につけているのがわかりますか?

これは結婚しているという証で、バンナ族は一夫多妻制で結婚すると首に輪を付け、この輪の数が何

番目の妻かって事を表している。

この写真の女性は木製の輪1つに金属の輪が2つで合計3つあるので3番目の妻って事!!

1Stになりたいもんやなぁ~

IMG_1227.jpg
次にツァマイ族、ツァマイはバンナ族と見た目はほぼ同じで違うのは足首に黄色の装飾品を

身に付ける。

これがカイアファールのマーケットでのひとコマ。

翌日に最終目的地のジンカへ足を伸ばしてジンカマーケットを訪れた。
IMG_1287.jpg
ジンカマーケットの一番の目的はここに来るムルシ族を見ること。

ここにもバンナ族は来ていたので記念撮影。

IMG_1278.jpg
こいつらスマイル!!っていってもちっとも笑わないんがダメ!!




そして・・・





これが・・・










IMG_1266.jpg

ムルシ族・・・


うっわーきっしょー!!と思わず連呼!!

人生最大ともいえるカルチャーショックな光景にこの後、言葉を失う・・・

目が合ったら殺される・・・と思ったね。

少し説明するとこのムルシの女性は思春期から結婚へ向かう時に、唇に土器で作った皿をはめ込む。

この皿が大きければ大きいほど美しいとされている。

ってことはこいつ結構大きかったから美しいらしい・・・汗

IMG_1290.jpg
それにしても写真撮るのに金がいるってどういう事!?

こいつら笑顔が無いからマジで人造人間みたいでほんま怖かった。

写真撮る前と撮り終わった時に2ブル、2ブルとうるさい奴らだった。




お馬さんてホントでかいんだねぇ~
IMG_1279.jpg
ジンカにて・・・


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



カイロのラマダン風景

現在イスラムはラマダン中(断食)により飲食店はたいがい店を閉めてます。

じゃあホンマに何にも食べれへんの!?って思うかもしれないけどそれはないんですよ~

一応レストランは営業しているところもあります、外国人向けとかの理由で。

イスラム教のラマダンも個人の自由ってゆうか自分がどこまでイスラム教を信じるかなので

ラマダン中なのに平気で食事モグモグ食べている人もいればマクドで食べている家族だっているん

ですよ。

これにはあきれたというか、お前ラマダンやから食うなよ!!って忠告したくなるんですが、自分も食

べてるんで言えないですが・・・
IMG_09803141.jpg
ラマダン中はよく食べます、エジプトのコシャリという炭水化物のかたまり。

うまいと思うのもつかの間・・・

まちがえてミディアムサイズを頼むとえらい事になります・・・汗

オーダーは慎重に!!スモールでいきましょう~
IMG_0997313.jpg
ラマダン中は飲食店の変わりにそれ以外のお店が猛威を振るって営業活動してるので俺はお土産を

買いにハーン・ハリーリというお土産街へ出向いてシーシャ(水タバコ)を買いに行った。
IMG_139121213.jpg
人・人でごったがえして進めないくらいでした。

エジプシャンをかき分けて・・・
IMG_1386213.jpg
土産物を物色・・・

ツタンカーメン早く見やな・・・
IMG_139021313.jpg
香水びんが綺麗でした、エジプトの砂を入れて日本へ帰る人多々!
IMG_1393112.jpg
ついにGET!シーシャ、フレーバーも買いまくり!!
IMG_14471.jpg
そして日が暮れてくると一日のラマダン終了となります。

このラマダン終了がエジプトにとって宴の始まりになります。
IMG_139912.jpg
スーパー冷たいマンゴージュース屋うまい!!(1杯17円)

あたりは祭りのように屋台が出てきて閉まっていた飲食店もついにオープン!!

人・人・人!!

深夜の12時がピークでそのまま朝まで眠りません!エジプシャン万歳!!

そんなラマダン明けのご飯、通称ラマダン飯というのがあって、みんなでご飯を食べようという集まり

がありついさっき、そこに俺もおじゃまさせてもらいました。

なんでもただで飯が配布されるという話、最高じゃないですか!!
IMG_14491.jpg
すでに人がたくさんいてまるで町内会の集まりみたい!!

俺が見ていると、こっち来いー!!って手招きされて招待される。

外国人にもやさしい待遇だねぇ、俺の分もちゃんと用意してくれるんですよ。
IMG_14541.jpg
タダ飯なのにこのボリュームにはびっくり。
ご飯にチキン、豆のソースにパン、マンゴージュースまで!

いやぁ~うまかったねー、うめーうめーと叫んでましたわ。

みんな食べ終わったらすぐにその場を離れるのでゆっくり食べてたら辺りは誰もいない。
IMG_14601.jpg
すごいなーラマダンはーっとつくづく思う日であった。




世界一周ランキング参加してみましたのでよろしければクリックお願いします。
この↓↓ボタンをポチっと押してもらえるとランクが上がる仕組みになってます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
少しの間ですががんばります~!




 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】